業務の効率化のための採用支援システムの使い方の一例

採用管理システム
自社の採用活動にあたって、スケジュールや応募者の情報管理はどのように行なっていますか?エクセル等のテンプレートを活用して管理している企業も少なくありませんが、手間や工数がかかったり、人為的なミスが起こりやすかったりと、課題は尽きないようです。そんな現状を受け、ここ数年で導入する企業が増えているのが採用支援システムです。通称ATSと呼ばれるこのシステムでは、応募者の受付から採用までのプロセスを一元管理します。自社にあった採用支援システムを導入し、上手く活用すれば、効率的に採用活動を進めることができます。昨今の大卒者の内定率は上昇傾向にあり、各社ともに積極的な姿勢で採用活動を行なっていることが伺われます。また、採用活動にかかわる人事担当者の作業工数の削減も実現可能です。ここでは、採用支援システムの活用法をご紹介します。

採用支援システムの活用タイミングについて

採用支援システムを最大限に有効活用するためには、応募者に関わるすべての情報をまとめて管理しましょう。まず募集の段階からです。複数の媒体を使って採用活動を進めている企業も多いと思いますが、それぞれを管理しながら全体の模様を把握するのは手間も時間もかかります。どの媒体からの応募も同じ採用支援システムにまとめるようにしておけば、全体像が把握しやすくなり、採用率の算出も簡単に行えます。次に、面接の段階です。面接を複数回にわたって行う企業がほとんどだと思います。採用支援システムは、面接担当者から次の面接担当者へのフィードバックにも活用できます。 次に、選考から内定に至るまでのプロセス管理にも活用しましょう。応募者が多くなると、連絡不備などの対応の抜け漏れといったエラーが起きやすくなってきます。採用候補者の現在の進捗状況を一元管理すれば、そんなエラーを防ぐことができます。

優秀な人材確保のために、採用支援システムの活用を

採用支援システムの活用法を知っていただけたでしょうか。優秀な人材を確保するためには、採用までのスピードを上げ、早くに手を打つ必要があります。これを可能にするのが、採用支援システムです。さらに、採用に関わるデータをシステム上で蓄積していけば、分析と改善が可能になります。それぞれを数値化することで、募集に使用する媒体を選定したり、採用に至る候補者の傾向を探ったりなど、より効率的な採用活動に貢献できるでしょう。データの解析が苦手な担当者でも、データの機械学習ができる人工知能搭載の採用支援システムもありますので、システム選定の段階から重視しておくことも大切です。採用支援システムの機能や特徴はそのシステムによって様々です。トライアルの期間が設定されている場合も多いので、実際に使ってみて、効率が上がることを確認してから導入することをお勧めします。