採用支援システムで人材を確保するメリットとデメリット

採用管理システム
アルバイトや就職先で一番気になることは、どんな人がいるか、ということです。また、仕事先には優しい人が多い、近づきにくい人が多い、いろんなタイプの人がいる、こんな感想を持ったこともあるでしょう。会社の雰囲気は人事で決まります。つまり、採用担当者の考え1つで会社の雰囲気や方向性は変わります。それだけに採用は重要です。しかし、多くの会社では採用業務は長年の実績と経験のある人が担当しています。よいことですが属人化する危険性があります。採用支援システムは脱属人化をサポートします。そこで登場したのは採用支援システムです。海外ではATS「Applicant Tracking System」呼ばれるシステムです。また、ATSをベースとした採用支援システムが多くのITベンダーより販売されています。

採用支援システムで何ができるの?

採用支援システムとは、選考管理や採用管理を行うシステムです。選考活動や採用活動で扱う全てのデータを管理します。採用の計画を立案し計画の遂行を管理します。応募者のデータを一元管理し、応募者から送られてきた課題なども管理可能です。面接のスケジュールを調整できます。内定した応募者に対してブログ、メールやSNSでコミュニケーションを取り管理することが可能です。ホームページを作成する機能を持ったシステムもあります。システム化する事でこれまで「人」が管理していた採用に関するたくさんの業務を簡素化する事が可能になります。採用や募集に関する業務の「見えるか」も可能になり採用担当者は採用する人材の選考に集中することができます。また採用担当者が交代しても業務の引き継ぎが容易におこなえます。

採用支援システムのメリットとデメリット

メリットとデメリットを具体的に見ていきましょう。メリットは6点あります。1つめは、ホームページの作成です。外注経費の削減ができます。2つめは面接予約です。システムが行うことで担当者の負担を減らします。3つめはカレンダー連携です。面接に必要な人のスケジュールの調整がシステムで可能になります。4つめはWEB面接です。遠方の方と面接が可能になり、交通費の削減が可能です。また、多くの応募者と面接が可能になります。5つめは自動連絡メールです。担当者の負担が減ります。6つめは動画選考です。エントリーシートに自己PR動画や課題の動画などを付加した資料で選考することです。より深く応募者の個性や考え方がわかります。反対にデメリットもあります。上記の機能に該当しないプロセスや、仕来りがある場合は逆に手間が増えます。これからは動画選考が主流になるので採用支援システムは必須になります。