サービス向上のために使う採用支援システムのパターン

採用管理システム
大企業が導入するイメージの採用支援システムですが、メリットが多いことから、中小企業での導入も増えています。採用支援システムでは、主に求人広告、応募者の情報、選考状況、内定者の管理を一括して行うことができ、採用に関する業務の効率化が望めます。求人広告の媒体と連携し、複数の媒体からの応募にも対応できるものや、適性検査サービスと連携しているものもあります。応募者の履歴書の管理ができ、雇用形態別、応募職種別に自動的に振り分けて管理することができます。また、応募者それぞれの評価データや進捗状況を管理することもできます。内定者への通知や入社までの情報の管理をすることもできます。採用に関する一連の業務を一貫して管理できるため、それぞれの工程での無駄を省くことができ、応募者の選考に力を注ぐことができます。

採用支援システムを使ってスピーディーで的確な対応

優秀な人材を確保するためには、スピードが重要な時代です。スマートフォンやパソコン等が普及し、応募者からのコンタクトへ迅速に対応することが求められています。優秀な人材は他社からも評価が高いため、応募から内定までに時間がかかり遅れをとると採用が難しくなります。採用支援システムの導入により、メッセージの自動送信で送信漏れを防ぐことができ、応募者とのコミュニケーションがスムーズに行えます。また、応募者の情報を的確に分析することにより、会社の希望に合った人材の採用に繋がります。優秀な人材の確保には、社員による友人、知人の紹介制度も有効です。採用支援システムでは、そういった制度にも対応しているものもあり、社員と繋がりのある人材のため、信頼でき、職場への定着率も向上するというメリットがあります。

採用業務の効率、質を向上させる様々な機能

その他にも、採用支援システムには採用に関するサービスの向上のため、様々な機能が備わっているものがあります。注目すべきものは、若い世代に定着しているSNSとの連携機能です。SNSを使うことにより、新卒採用等、若い世代とのコミュニケーションを円滑に行うことができます。また、社内カレンダーと連携した自動面接予約の機能も特筆すべき機能です。会社の就業時間にかかわらず夜間や休日でも、自動で面接の予約を受け付けることができます。社内カレンダーと連携しているため、社内で情報を共有し予約状況を把握することができます。このように採用支援システムは、採用に関する業務の効率、質を向上させることのできるシステムです。導入の際は、雇用形態や採用人数等、自社に合ったものを選択し、セキュリティーや機能性に注意をして、導入していきたいものです。